業務内容

測量・調査・解析機能診断計画・設計水理模型実験コンクリート構造物非破壊試験
業務内容

測量・調査・解析
平成20年度 ストックマネジメント調査技術検討業務
平成21年度 十勝川左岸地区  中熊牛第1用水路漏水事故要因調査検討業務
平成23年度 智恵文地域  土壌水分等調査業務
平成24年度 美蔓地区 美蔓貯水池地下水位挙動解析業務
平成25年度 札内川地域 札内川導水路通水試験等業務
平成26年度 サロベツ地区 暗渠排水機能調査等業務
平成27年度 サロベツ地区 暗渠排水機能調査等業務
平成28年度 サロベツ地区 暗渠排水機能調査等業務

機能診断
平成19年度 十勝川左岸地区外1地区 国営造成用水施設予防保全対策検討業務
平成20年度 網走地域 排水路等施設機能診断検討業務
平成21年度 石狩川中流地域 国営造成水利施設保全対策検討業務
平成22年度 空知地域 国営造成水利施設機能診断等調査業務
平成23年度 後志地域  国営造成排水施設保全計画検討業務
平成24年度 三石地区 水利施設保全対策検討等業務
平成25年度 共栄近文地区 国営造成水利施設保全対策検討業務
平成26年度 雨竜川地域 国営造成水利施設機能診断等調査業務
平成27年度 留萌管内 農業水利施設機能診断調査等業務
平成28年度 道南地域 国営造成水利施設機能診断調査業務

画面上へ

計画・設計
平成19年度 美蔓地区 美蔓貯水池設計等業務
平成20年度 大野平野地区 姫川頭首工設計等業務
平成21年度 美瑛川地区 流域変更導水路設計等業務
平成22年度 北海(一期)地区 北海幹線用水路北吉野工区外設計等業務
平成23年度 中鹿追地区 笹川東工区区画整理設計等業務
平成24年度 利別川左岸地区 大森第1排水機場設計等業務
平成25年度 大野平野地区 中央幹線用水路外設計等業務
平成26年度 北海地区 岩見沢幹線用水路全体整備計画検討業務
平成27年度 別海北部地区 別配8号用水路上春別工区設計等業務
平成28年度 雨竜暑寒地区 二丁目西一号線工区区画整理設計等業務

画面上へ

水理模型実験
平成19年度 道央用水(三期)地区 道央注水工水理検討設計等業務
平成20年度 老朽開水路の粗度係数測定水理実験補助業務
平成21年度 道央用水(三期)地区  道央注水工ポロナイ工区実施設計等業務
平成22年度 道央用水(三期)地区 道央注水工分水施設補足設計業務
平成25年度 道央用水(三期)地区  道央注水工幌内工区設計等業務
平成27年度 泊発電所構内排水設備水利模型実験業務
平成28年度 泊発電所構内排水設備(追設)水利模型実験業務

水理研究所では、ダム、取水施設、用排水路など
各種の水理模型実験・解析を行っております。
【研究所の外観、内部】
研究所の外観、内部
【排水路用分流工】
排水路用分流工
【バッフル型急流工】
バッフル型分流工
【バッフル型落差工】
バッフル型落差工

画面上へ

コンクリート構造物非破壊試験
鉄筋位置・かぶり(電磁波レーダー調査)
調査箇所で測定機を移動させ、鉄筋のピッチと被りを特定します。
【測定状況】
測定状況
【測定機のディスプレイ】
測定機のディスプレイ
【測定結果(画像処理後)】
測定結果(画像処理後)

鉄筋位置・かぶり(電磁波レーダー調査)
ひび割れを挟んで両側(左右5cm程度の位置)に受発振子を設置し、
その深さを特定します。
【測定状況】
測定状況
【受発振子の設置状況】
受発振子の設置状況
結果は測定機にデジタル表示
原理図

画面上へ

高解像度カメラを搭載したUAV空撮により、短時間で高品質な測量を実現します。
また、空中写真から取得した"平面的"な3次元点群データによる3次元解析を行います。
【PHANTOM 2】

【S900】

【Mavic Pro】

※当社では、航空法等の法令遵守やプライバシー侵害への留意とともに、飛行時の誤操作や
 故障等による事故を防止するため、運転技能講習を修了した技術スタッフにより徹底した
 管理体制で作業を行うなど、安全なUAVの運用に努めております。

スキャナーから照射されたレーザーによって、対象物の空間位置情報を取得します。
従来の「単点」の測量ではなく、短時間に大量かつ"側面的"な「3次元空間の点群座標」を
取得する計測技術です。

【災害計測】

【3次元点群データの取得】
 



➡


【三角網による3次元モデル解析】


【急傾斜地計測】

【3次元点群データの取得】




➡


【三角網による3次元モデル解析】
 



➡


【任意の断面で横断図を作成】


【UVAによる3次元点群データの取得】
~平面的に点群を取得する~



➡

【3Dレーザースキャナーによる3次元点群データの取得】
~UAVで取得できない法面などの点群を補完する~
   ➡

【オブジェクトデータを合成】
~作成した仕上りイメージを合成させる~



➡

【3DレーザースキャナーとUVAの3次元点群データの合成】
~平面と側面の点群を合成して3次元データを作成する~

画面上へ